消臭剤と脱臭剤の違い

 脱臭剤と消臭剤はどこが違うの?

 脱臭剤の脱臭は学術用語で、ニオイの元となる化学物質を、物理的に吸着したり、化学吸収(化学反応)によって中和したりしてニオイを除去する手法を意味し、『定性(分析)・定量』的な試験結果で裏打ちするこができます。

一方、消臭剤は、『感覚的・感性的』で、どちらかと言えば『個人的・主観的』側面が強く、主に防臭を目的とするすべての剤や材から名づけられた慣用語で、香料や、好みの香りでニオイ(臭い)を紛らわす、いわゆるマスキング方法を意味します。臭いの発生源に、お香を焚いたり、果物、ハーブや檜のおがくず等を置いて不快感を軽減させて消臭します;その他には、ナフタリン、樟脳(片脳油)等の防臭剤も含まれます。

近年の消臭剤は、脱臭剤を加えた折衷形式を、一般的に消臭剤と呼んでいます。また、消臭を兼ねて、香りを楽しむ型式の剤形は、芳香剤と呼ばれています。

以上、化学工学、及び現行の工業所有権法改正:1959年(昭和34年成立)に根拠を置きます。

                                                                    自然科学研究所 ライラック研究所
                                                                    研究所長 平岩 節(たかし)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック