テーマ:子供

  世界の『防災行政無線 呑気なWHO

《 世界の『防災行政無線』と化した呑気なWHO 》       聞け! きけわだつみの声                 2020年8月4日 05:36の記事  世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は3日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症について特効薬は存在しないと警告。…

続きを読むread more

新型コロナウイルスが無症状者から感染するとした政府見解について考察する

令和2年7月26日  新型コロナウイルスが陽性無症状な人から感染するとした政府の見解について考察する。 様々な感染症研究者から、無症状の人から感染するのは可笑しいと疑問が投げかけられています。  例えば、徳島大学の名誉教授である大橋眞先生のお考えによれば 無症状者が気道に吸い込んで付着した数個のコロナウイルスが咳などで…

続きを読むread more

covid 19 とマスク

  令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズムの直接的要因は,微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスクの意義

  令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズムの直接的要因は,微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスクの効用

                     令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主…

続きを読むread more

新型コロナウイルス対策

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスク

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

新型コロナウイルス,空気感染と飛沫感染

 令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス等のインフルエンザウイルス感染のメカニズムは呼吸器細胞膜の小さな傷や炎症箇所にあるから,その要因となる微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5等の鉱物粒子群,放射性粒子等,空気中に浮遊する鉱物性『エアロゾル』から呼吸器を保護しなければならない。 …

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染

 令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス等のインフルエンザウイルス感染のメカニズムは呼吸器細胞膜の小さな傷や炎症箇所にあるから,その要因となる微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5等の鉱物粒子群,放射性粒子等,空気中に浮遊する鉱物性『エアロゾル』から呼吸器を保護しなければならない。 …

続きを読むread more

《空気感染とエアロゾル》

《空気感染とエアロゾル》  新型コロナウイルス等のインフルエンザウイルス感染のメカニズムは呼吸器の『炎症箇所』にあるから、空気中に浮遊する微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5等の鉱物粒子群,放射性粒子等の『エアロゾル』から防御しなければならない。   病原性ウイルス、細菌、真菌、花粉等は、呼吸器の『炎症箇所』に着床して定着…

続きを読むread more

空気感染そしてエアロゾル

                  令和2年2月5日 <新型コロナウイルス関連肺炎に対する予防と対策>  (株)ライラック研究所は提案する。「コロナウイルス関連の疾病及び未知の国際伝染性疾患X」の初期対応並びに感染拡大・パンデミック対策案として最も効果的、且つ副作用への影響の無い予防新薬と対処方法を「中華人民共和国衛…

続きを読むread more

花粉症対策は簡易マスクとティシューで99.9%補足

 花粉症対策は簡易マスクとティシューで99.9%補足できる。  マスクの濾過率(ろかりつ)が高い、高性能のマスクほど、空気の通気抵抗が大で、呼吸の際に息苦しさを感じます。  花粉や塵埃などの捕足率と通気抵抗は相関関係にあり、快適なマスクほどウイルスや細菌の捕足率が低いことを意味します。  ウイルスや菌体は飛沫という球状…

続きを読むread more

未知の感染症「疾病X」に備えを

<未知の感染症「疾病X」に備えを> (CNN) 世界保健機関(WHO)は13日までに、エボラ熱やジカ熱のような公衆衛生上の緊急事態に備えて研究開発を加速させるべき感染症の一覧に、「疾病X」を追加。WHOは、効果的な治療薬やワクチンが存在せず、世界的な脅威となりかねない疾病として、エボラ熱やマールブルグ病、ラッサ熱、重症急性…

続きを読むread more

インフルエンザとマスク、その意外な落とし穴

   マスクの濾過率(ろかりつ)が高い、高性能のマスクほど、空気の通気抵抗が大で、呼吸の際に息苦しさを感じます。  塵埃などの捕足率と通気抵抗は相関関係にあり、快適なマスクほどウイルスや細菌の捕足率が低いことを意味します。  ウイルスや菌体は飛沫という球状の水滴(数ミクロン~数百ミクロン)に含まれ、それがクシャミや吐息によ…

続きを読むread more