テーマ:雑記

新型コロナウイルスとマスク・眼鏡

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク・眼鏡》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から眼を含む呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズム…

続きを読むread more

covid 19 とマスク

  令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズムの直接的要因は,微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスクの意義

  令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズムの直接的要因は,微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5…

続きを読むread more

新型コロナウイルス対策

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスク

 令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス等のインフルエンザウイルス感染のメカニズムは呼吸器細胞膜の小さな傷や炎症箇所にあるから,その要因となる微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5等の鉱物粒子群,放射性粒子等,空気中に浮遊する鉱物性『エアロゾル』から呼吸器を保護しなければならない。 …

続きを読むread more

《空気感染とエアロゾル》

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

未知の感染症「疾病X」に備えを

<未知の感染症「疾病X」に備えを> (CNN) 世界保健機関(WHO)は13日までに、エボラ熱やジカ熱のような公衆衛生上の緊急事態に備えて研究開発を加速させるべき感染症の一覧に、「疾病X」を追加。WHOは、効果的な治療薬やワクチンが存在せず、世界的な脅威となりかねない疾病として、エボラ熱やマールブルグ病、ラッサ熱、重症急性…

続きを読むread more

 無菌的に起る自然発酵とは?

 自然発酵の定義は確立されていませんが、古来より植物や果実に付着する酵母などの微生物、根粒菌の変異株である共生菌、空中や雰囲気中に漂う落下菌を利用し野菜を漬け物にしたり、大豆、麦などの穀類を発酵させて味噌や醤油、酒などを醸造する発酵方法です。      一方、無菌的自然発酵(無菌発酵)とは、公知の自然発酵にはない概念ですが、生体(…

続きを読むread more

ゴキブリが解る科学ブログ

《日本のゴキブリ(Japanese cockroach)》 直し目属の昆虫、ゴキブリは世界中で約3500種が知られています。これらの昆虫は暗闇を好み、主に夜間に行動し大部分のものは雑食性ですが、共食いもします。世界的に分布しています。少数の種だけが人家に住み、最も数が多くて駆除し難い屋内害虫(難退治性昆虫)である。一般に、14~1…

続きを読むread more

臭いと健康

 身の回りのニオイは、おおまかに二種類に分類することができます。一つは、不快と感じるニオイであり、もう一つは心地よいと感じられるニオイ、例えば花や香水の香りです。心地よいニオイは、匂い(smell)という漢字を当てるのが正しく、臭い(off order)は不快な臭いにだけ使用されます。  匂いの受容機序(メカニズム)については…

続きを読むread more