テーマ:50代以上のblog

世界の『防災行政無線』呑気なWHO

《 世界の『防災行政無線』と化した呑気なWHO 》       きけわだつみの声                 2020年8月4日 05:36の記事  世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は3日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症について特効薬は存在しないと警告。  …

続きを読むread more

世界の『防災行政無線』と化した呑気なWHO

《 世界の『防災行政無線』と化した呑気なWHO 》       聞け! きけわだつみの声                 2020年8月4日 05:36の記事  世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は3日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症について特効薬は存在しないと警告。…

続きを読むread more

新型コロナウイルスが無症状な人から感染する政府の見解について

令和2年7月26日  新型コロナウイルスが陽性無症状な人から感染するとした政府の見解について考察する。 様々な感染症研究者から、無症状の人から感染するのは可笑しいと疑問が投げかけられています。  例えば、徳島大学の名誉教授である大橋眞先生のお考えによれば 無症状者が気道に吸い込んで付着した数個のコロナウイルスが咳などで…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスク・眼鏡

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク・眼鏡》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から眼を含む呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズム…

続きを読むread more

新型コロナウイルスを考える

  令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズムの直接的要因は,微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5…

続きを読むread more

covid 19とマスク

  令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズムの直接的要因は,微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5…

続きを読むread more

COVID 19 とマスク

  令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染メカニズムの直接的要因は,微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスクの意味

                   令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に微…

続きを読むread more

新型コロナウイルス対策とマスク

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスクの効用

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

新型コロナウイルス対策

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

新型コロナウイルス対策

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスク

                    令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス感染のメカニズムは臨床試験・非臨床試験結果から直接的には呼吸器粘膜の傷や炎症箇所にあるから,免疫力の強い弱いに関わらず保菌者であっても病気を発症しない人達がいるのも当然である。  その感染のメカニズムは主に…

続きを読むread more

新型コロナウイルス関連肺炎の予防と対策

 令和2年2月5日    <新型コロナウイルス関連肺炎の予防と対策>  (株)ライラック研究所は提案する。「新型コロナウイルス関連の疾病及び未知の国際伝染性疾患X」の初期対応並びに感染拡大・パンデミック対策として最も効果的、且つ副作用への影響の無い予防新薬と対処方法を,WHOを初めとして関係各国へ提供する用意がある。…

続きを読むread more

新型コロナウイルスとマスク

 令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス等のインフルエンザウイルス感染のメカニズムは呼吸器細胞膜の小さな傷や炎症箇所にあるから,その要因となる微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5等の鉱物粒子群,放射性粒子等,空気中に浮遊する鉱物性『エアロゾル』から呼吸器を保護しなければならない。 …

続きを読むread more

《空気感染とエアロゾル》

 令和2年2月5日     《新型コロナウイルスとマスク》  新型コロナウイルス等のインフルエンザウイルス感染のメカニズムは呼吸器細胞膜の小さな傷や炎症箇所にあるから,その要因となる微細な土埃を含む化学性粒子,PM2.5等の鉱物粒子群,放射性粒子等,空気中に浮遊する鉱物性『エアロゾル』から呼吸器を保護しなければならない。 …

続きを読むread more

空気感染及びエアロゾル

     令和2年2月5日 <新型コロナウイルス関連肺炎に対する予防と対策>  (株)ライラック研究所は提案する。「コロナウイルス関連の疾病及び未知の国際伝染性疾患X」の初期対応並びに感染拡大・パンデミック対策案として最も効果的、且つ副作用への影響の無い予防新薬と対処方法を「中華人民共和国衛生部」を初めとした関係各国…

続きを読むread more

消臭剤と脱臭剤の違い

 脱臭剤と消臭剤はどこが違うの?  脱臭剤の脱臭は学術用語で、ニオイの元となる化学物質を、物理的に吸着したり、化学吸収(化学反応)によって中和したりしてニオイを除去する手法を意味し、『定性(分析)・定量』的な試験結果で裏打ちするこができます。 一方、消臭剤は、『感覚的・感性的』で、どちらかと言えば『個人的・主観的』側面が強く…

続きを読むread more

人も見かけによらぬもの?

諺の『蓼食う虫も好きずき』の由来を考えてみました。 長野県に蓼科高原(たてしなこうげん)と言う所があります。 長野県中東部、蓼科山麓の高原。白樺湖・女神湖・蓼科湖など蓼科温泉郷などがある観光地を一般的に蓼科高原と呼びます。この蓼科(たてしな)の由来は、この地方一帯に昔から蓼科(たで科)の植物が群生していたことにあります。 …

続きを読むread more

 無菌的自然発酵(無菌発酵)

 自然発酵の定義は確立されていませんが、古来より植物や果実に付着する酵母などの微生物、根粒菌の変異株である共生菌、空中や雰囲気中に漂う落下菌を利用し野菜を漬け物にしたり、大豆、麦などの穀類を発酵させて味噌や醤油、酒などを醸造する発酵方法です。      一方、無菌的自然発酵(無菌発酵)とは、公知の自然発酵にはない概念ですが、生体(…

続きを読むread more

指宿温泉休暇村

 指宿温泉の休暇村は大潮になると海が割れて近くの知林ヶ島と一本道でつながります。宿代が安い割には源泉掛け流しで料理も大満足でした。受付の薩摩美人も今和泉のあつ姫の再来かと嬉しく思いました。宿から開聞岳がまじかに見える最南端、長崎鼻まで車で25分です。写真はH22年1月3日撮影

続きを読むread more

鏡の中の私 本当は誰なの?

    最愛の人は異星人となって元気に暮らしています!  まえがき  この自然界には、実に多くの不思議な事象が隠されていて最先端科学をもってしても、未だ到達できない分野がたくさんあります。このエッセーでは“鏡像異性体”という一般には聞きなれない科学分野の不思議さに想いをかさね、愛する人を失い落胆している人々の心機一転となれば著…

続きを読むread more

 インフルエンザとマスク

 マスクの濾過率(ろかりつ)が高い、高性能のマスクほど、空気の通気抵抗が大で、呼吸の際に息苦しさを感じます。  塵埃などの捕足率と通気抵抗は相関関係にあり、快適なマスクほどウイルスや細菌の捕足率が低いことを意味します。  ウイルスや菌体は飛沫という球状の水滴(数ミクロン~数百ミクロン)に含まれ、それがクシャミや吐息により放出…

続きを読むread more

臭いと健康

 身の回りのニオイは、おおまかに二種類に分類することができます。一つは、不快と感じるニオイであり、もう一つは心地よいと感じられるニオイ、例えば花や香水の香りです。心地よいニオイは、匂い(smell)という漢字を当てるのが正しく、臭い(off order)は不快な臭いにだけ使用されます。  匂いの受容機序(メカニズム)については、D…

続きを読むread more